大阪城

大阪城金蔵と第四師団司令部庁舎

大阪城

大阪城 重要文化財「金蔵」のアクセスとその歴史

2020/7/1    

大阪城天守閣の入口すぐ右側(東側)に重要文化財「金蔵」があります。徳川幕府時代に築造されたもので、幕末の動乱や第二次世界大戦の空襲を潜り抜けた今でも当時のまま現存する建物です。 金蔵という名の通り、徳 ...

大阪城大手門

大阪城

大阪城 重要文化財「大手門」のアクセスとその歴史

2020/6/9    ,

城の正門入口のことを大手口と言います。もちろん大阪城にも正門「大手門」があり、重要文化財に指定されています。 この門は幕末の火災や第2次世界大戦の空襲、そして落雷を潜り抜けて、今でも現存しています。 ...

大阪城大手門付近と生国魂神社お旅所跡

大阪城

大阪城「生国魂神社お旅所跡」のアクセスとその歴史

2020/6/9    

大阪城公園内に「生国魂神社お旅所跡」というのがあります。跡なので当然今は何もありません。説明文があるだけです。 豊臣秀吉の大坂城時代にこの場所に生国魂(いくくにたま)神社がありました。のち移築していま ...

大阪城「玉造口」

大阪城

大阪城「玉造口」のアクセスと櫓が焼失した歴史

2020/5/29    ,

森ノ宮駅や観光バス駐車場から大阪城に向かう場合、必ず通るのが玉造口です。大阪城の四つある出入口の一つ。 左手に外堀を見ながら坂道を上がると見えてきます。昔は多聞櫓があり立派でしたが、今はその面影はあり ...

「蓮如上人袈裟懸けの松」の石碑、南無阿弥陀仏と書かれている

大阪城

大阪城「蓮如上人袈裟懸けの松」のアクセス・その説明と異説

大阪城公園の玉造口を入り西に向かうと、内堀の手前に蓮如上人の直筆で「南無阿弥陀仏」で書かれた石碑が立っています。 ここは「蓮如上人袈裟懸けの松」の跡と呼ばれていて、豊臣大坂城以前に大坂(石山)本願寺が ...

大阪城「石山本願寺推定地」碑

大阪城

大阪城「石山本願寺推定地」碑のアクセスとその歴史

豊臣秀吉が大坂城を建造する以前は、元々大坂石山本願寺がこの地にありました。 それについては「蓮如上人袈裟懸けの松」の時にも書きました。 この地に石山本願寺があったことを示すための「石山本願寺推定地」碑 ...

大阪城天守閣、真下から撮影

大阪城

大阪城のおすすめ写真スポットまとめ

2019/3/25  

大阪城にはたくさんの写真スポットがあります。今回はその中でおすすめする写真スポットを厳選してまとめました。 大阪城天守閣以外にも見所があるのでぜひ立ち寄って写真を撮ってみてください。   1 ...

大坂城と大砲、金蔵、城中焼亡埋骨墳の写真

大阪城

大阪城と幕末関係まとめ、徳川家茂と慶喜の時代

2018/9/17  

江戸時代末期(幕末)に勤王の志士たちが京都や大坂で活動を始め、関西が緊迫し始めます。 幕府は江戸に拠点を置いているので後手後手に回ることが多く、そのような事態を避けるために、十四代将軍・徳川家茂(いえ ...

大阪城「城中焼亡埋骨墳」石碑

大阪城

大阪城に薩長軍建立の石碑「城中焼亡埋骨墳」アクセスとその歴史

2017/10/24    

大阪城公園内に幕末の薩長軍が建てた石碑「城中焼亡埋骨墳」があります。読み方は「じょうちゅうしょうぼうまいこつふん」。 明治維新の薩長軍(新政府軍)と旧幕府軍との戦いに大きく関係がある石碑です。その周辺 ...

大阪城天守閣

大阪城

大阪城の構造は独立式天守閣の鉄骨鉄筋コンクリート建築

2017/7/24  

城の構造は、連結式天守、連立式天守、独立式天守、複合式天守、大きく4つの天守に分かれています(細かく分けると他にもあります)。 その中で大阪城は中央に1つだけある「独立式の天守」です。同じ独立式天守で ...

Translate »

Copyright© 大阪城観光ガイド , 2020 All Rights Reserved.