大阪城観光ガイド

初心者向け大阪城&大阪城公園周辺観光ガイド

大阪城公園

MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)が本丸の旧第四師団司令部庁舎にオープン

投稿日:2017年6月8日 更新日:

ミライザ大阪城

旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)が改修され、「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」が2017年10月19日(木)にオープンしました。

ミライザ大阪城は、旧第四師団司令部庁舎の建物を維持しながらも、内装はレストランやお土産売り場、カフェなどを融合した複合施設になっています。

「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」の各店舗情報と実際に行ってきた様子を写真付きでご紹介します。

スポンサーリンク



複合施設「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」情報

MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」地図

参考:大阪城公園案内板より

昭和6年(1931年)に市民の寄付により建てられた旧第四師団司令部庁舎の建物を活かした複合施設「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」がオープンします。

  • 住所:大阪市中央区大阪城1-1
  • 延床面積:7000㎡
  • 構造規模:地上3階、地下1階
  • 営業時間:9:00~22:30(予定)
  • 開業時期:2017年(平成29年)10月19日(木)オープン

参考:旧第四師団司令部庁舎の愛称について(大阪市)

旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)の外観を維持したまま、地上3階、地下1階が複合施設になります。18億円かけてリノベーションされました。大理石やステンドグラスを磨きなおし、建設当初の状態に使づけたそうです。

これまでは大阪城天守閣は基本17時閉館なので、それ以降の時間はひっそりとしているのですが、ミライザ大阪城が営業されると、夜の10時30分までオープンしているので、これまでは大きく異なり、より賑やかになっていきます。

ミライザ大阪城

ミライザ大阪城、入口の様子。建物は旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)のまま生かされています。

 

MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」屋上の様子

特に屋上のレストランでは大阪城天守閣を見ながらゆったりと食事などを楽しむことができるようになっています。

実際に入った時は屋上は閉鎖されてい行くことができませんでした。季節限定のようです。

 

スポンサーリンク

MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」の店舗

そのミライザ大阪城に出店する店舗をまとめました。

  • 大阪城本陣:土産物販売
  • 忍屋:土産物販売
  • The Landmark Square Osaka(ザ ランドマークスクエア オオサカ):レストラン(2階、3階、屋上)
  • タリーズコーヒー:カフェ
  • 歴史体験施設:近日公開予定

お土産物屋さんが2件、レストラン、カフェ、歴史体験施設が出店します。カフェはタリーズコーヒー。

エントランス

ミライザ大阪城のエンブレム

ミライザ大阪城のエンブレムが建物入口にあります。では入ってみましょう。

 

ミライザ大阪城のエントランス

エントランスは特に旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)の建築がよくわかります。

 

ミライザ大阪城、旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)当時の写真が飾られている

入口に1931年当時のエントランスの写真が飾られています。

【関連】旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)のアクセスとその歴史

 

ミライザ大阪城、赤いじゅうたんと階段

この建物で一番すごいのはこのエントランスすぐの階段。赤いじゅうたんと階段がとても豪華です。

 

ミライザ大阪城、ステンドグラスと照明

ステンドグラスがとても綺麗。照明はさりげなく豊臣の瓢箪マークが散りばめられています。

 

ミライザ大阪城、照明の瓢箪マーク

真上にある照明にも瓢箪マークがありました。凝ってますね。ぜひ直接確認してください。

 

1階

ミライザ大阪城内のタリーズコーヒー

1階すぐ右廊下に「タリーズコーヒー(TullY's Coffee)」があります。タリーズはジョーテラスオオサカにもありますが、こちらの方は落ち着いた雰囲気です。

 

ミライザ大阪城、戦国・和小物専門店「忍屋」入口

そのまま奥に行くと戦国・和小物専門店「忍屋」がありました。元々、大阪城の本丸付近にあったお土産物売り場がこちらに移動しています。

 

ミライザ大阪城、戦国・和小物専門店「忍屋」の兜と甲冑

忍屋入口の兜と甲冑。こちらは手裏剣や刀などを使った小物類を中心にしたお土産グッズ売り場です。

 

ミライザ大阪城、特別史跡「大阪城跡」

1階の奥に特別史跡「大坂城跡」がありました。大坂城の歴史を年表形式で紹介したり、現在の大阪城の史跡についても載っていました。

当サイトも大阪城の重要文化財史跡・名所をまとめているのであわせて読んでみてください。

 

ジョーテラスオオサカ、展示「徳川期の天守を飾った鬼瓦」

特別史跡「大坂城跡」内には「徳川期の天守を飾った鬼瓦」が展示されています。

 

ジョーテラスオオサカ、展示「豊臣期の武家屋敷を飾った金箔瓦」

もう一つ「豊臣期の武家屋敷を飾った金箔瓦」が展示されています。こちらは豊臣秀吉時代の瓦なので特に貴重ですね。金箔がまだ残っています。

 

ミライザ大阪城、「ザ・コナモンバル利休」入口

丁度向かいに「ザ・コナモノバル利休」というタコ焼きなどが売っているお店がありました。

 

ミライザ大阪城、「ザ・コナモンバル利休」千利休のマーク

「ザ・コナモノバル利休」は千利休の顔マークが目印です。

 

ミライザ大阪城、休憩所

特別史跡「大坂城跡」横にある休憩所。

 

ミライザ大阪城、お土産物売り場「大阪城本陣」

エントランスの反対廊下に行くと「大阪城本陣」というお土産物売り場があります。こちらも大阪城天守閣横にあったお土産物売り場から移設しています。

大阪限定グッズが中心。キティちゃんやマイメロディなどサンリオグッズもありますよ。

 

ミライザ大阪城、ラーメン屋「大阪城本陣」

大阪城本陣はラーメン屋もあります。

 

ミライザ大阪城、から揚げや豚まんなどを売ってい大阪城本陣

から揚げや豚まん、フランクフルト、神戸牛メンチ棒、そして色々なソフトクリームを販売しているこちらも大阪城本陣。

 

ミライザ大阪城、抹茶専門店「大阪城本陣」

抹茶ソフトクリームやお土産物など、抹茶専門店もあります。

 

ミライザ大阪城、大阪城本陣の和小物売り場

ストール、トートバッグ、財布などの和小物売り場が一番奥にありました。

 

2階

ミライザ大阪城2階「crossfield with TERRACE LOUNGE」

▲2階レストラン:Crossfield with Terrace Lounge。イタリアンをベースにしたダイニング。

 

ミライザ大阪城2階「crossfield with TERRACE LOUNGE」座席の様子

「Crossfield with Terrace Lounge」座席の様子。

 

ミライザ大阪城2階「crossfield with TERRACE LOUNGE」座席の様子

もう一つガラス越しからの座席の様子。

 

ミライザ大阪城、Wedding&Banquet Gallery

Wedding&Banquet Gallery。普段は閉まっています。

 

3階

ミライザ大阪城3階「レストラン・ラズベリーwithムーンバー」入口

▲3階レストラン:Restaurant RASPBERRY with MOON BAR(レストラン ラズベリー with ムーンバー)。

バーだけに明かりを少し落とした内装になっています。ランチが1万円でびっくりしました。

 

ミライザ大阪城3階「レストラン・ラズベリーwithムーンバー」座席

Restaurant RASPBERRY with MOON BAR。座席の様子。

 

屋上

「ミライザ大阪城」屋上ROOF TOPレストラン:Blue Bird ROOF TOP TERRACE

▲屋上ROOF TOPレストラン:Blue Bird ROOF TOP TERRACE。雨さえ降らなければ、一番行ってみたいレストラン、贅沢なスペースです。

残念ながら屋上は閉まっていたので見に行くことができませんでした。季節限定だそうです(3月~10月)

 

レストランは合計3店舗

レストランは2階、3階、屋上の3か所になっています。

  • 2階レストラン:Crossfield with Terrace Lounge
  • 3階レストラン:Restaurant RASPBERRY with MOON BAR
  • 屋上ROOF TOPレストラン:Blue Bird ROOF TOP TERRACE

3店舗ともレストランですが、2階はラウンジ、3階はバー、屋上はテラスになっています。

営業時間と電話番号は3店舗とも共通でした。

  • 営業時間11:00~22:00
  • 電話番号:06-6941-7100

2階と3階は予想していたより価格が高かったです。大坂城公園駅前の「ジョーテラスオオサカ」の方が気軽に入りやすい印象です。

スポンサーリンク

関連記事と広告

-大阪城公園
-,

Copyright© 大阪城観光ガイド , 2018 AllRights Reserved.