豊臣秀吉

豊臣秀吉の家紋

投稿日:

豊臣秀吉の家紋3つ「五三桐」「五七桐」「太閤桐」

豊臣秀吉についてまとめています。今回は豊臣秀吉の家紋です。

秀吉の家紋は一つではありません。複数存在します。

それぞれの家紋が使われるようになった理由・経緯について紹介します。

 

スポンサーリンク

豊臣秀吉の家紋1「五三桐」:織田信長の家臣時代

豊臣秀吉の家紋1「五三桐」

豊臣秀吉が木下藤吉郎時代に使用していた家紋は「五三桐」(ごさんの桐)です。

家紋の上部にある桐が中央に「五」左右に「三」ある家紋。

家紋「五三桐」については、織田信長の家臣時代に、信長から与えられた家紋です。

 

スポンサーリンク

豊臣秀吉の家紋2「五七桐」:正親町天皇から豊臣の氏をいただいた時から使用

豊臣秀吉の家紋2「五七桐」

豊臣秀吉が次に使用した家紋が「五七桐」(ごしちの桐)です。見た目は似ていますが、桐の数が異なります。

家紋の上部にある桐が左右に「五」、中央に「七」ある家紋。

正親町(おおぎまち)天皇から「豊臣」の氏をいただいた時期から、秀吉が使い始めました。

「五三桐」と比較すると桐の数が増えているので、自分自身が出世したという意味があるのかもしれません

この桐紋が最もポピュラーで、豊臣秀吉と言えば「五七桐」がよく使われています。

 

醍醐寺の国宝唐門にある豊臣秀吉の家紋「五七桐」

醍醐寺の国宝唐門にある豊臣秀吉の家紋「五七桐」

 

豊国神社にある豊臣秀吉の家紋「五七桐」

豊臣秀吉の神社「豊国神社」。左右に「五七桐」の提灯があります。

 

スポンサーリンク

豊臣秀吉の家紋3「太閤桐」:五三桐と五七桐を使用する家臣が増えたため

豊臣秀吉の家紋3「太閤桐」

そして最後に豊臣秀吉が使用した家紋が「太閤桐」です。

なぜ「太閤桐」を使うようになったのかと言うと、「五三桐」や「五七桐」を功績のあった家臣に与えるようにしたためです。

その後あまりにも与えすぎたため、増えすぎてわかりにくいのと、価値がなくなってしまったことから、豊臣秀吉とわかる家紋「太閤桐」を作ったと言われています。

「太閤桐」はこれまでの桐の家紋「五三桐」や「五七桐」よりもシンプルになっているのがわかります。

 

まとめ

豊臣秀吉の家紋3つ「五三桐」「五七桐」「太閤桐」

  • 五三桐
  • 五七桐
  • 太閤桐

以上3つが豊臣秀吉が使用した家紋です。どれも桐の家紋

3つとも秀吉の家紋ですが、この中で「豊臣秀吉の家紋は?」と聞かれたら、2つ目の「五七桐」になります。

秀吉死後、豊臣秀頼も「五七桐」を使用しています。

例えば豊臣軍の武将・御宿勘兵衛が大坂夏の陣で用いた軍旗「絹地桐紋四半旗」にも「五七桐」が用いたのを図録で確認しました。

桐紋は皇室に縁の深い家紋であり、日本政府の紋章にもなっています。

参考文献:図録「真田幸村の障害を彩った人たち」

関連:「豊臣秀吉」一覧に戻る

スポンサーリンク

-豊臣秀吉

Translate »

© 2023 大阪城観光ガイド